空き家管理を自分でおこなう方法とは?必要な道具と管理の目的も解説

空き家管理を自分でおこなう方法とは?必要な道具と管理の目的も解説

この記事のハイライト
●空き家を管理する目的は空き家を維持するためと特定空家に指定されないためである
●空き家管理を自分でする際は掃除道具やゴミ袋・軍手・スリッパ・懐中電灯などを準備しておく
●空き家管理が難しい・面倒な場合は売却を検討するのも1つの方法である

空き家を所有している以上、空き家管理は適切におこなう必要があります。
空き家を管理せずに放置しておくと、建物の資産価値が低くなるだけでなく特定空家に指定されてしまう可能性もあるため注意が必要です。
そこで、空き家管理の目的や、空き家を自分で管理する方法と必要な道具について解説します。
一宮市・名古屋市・西尾張で空き家を所有している方は、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家の管理を自分でする目的とは

空き家の管理を自分でする目的とは

誰も住んでいない建物は、管理しないまま放置していると急速に劣化していきます。
また、空き家の所有者または管理者は、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空き家を適切に管理する責務が定められています。
ここでは、まずは空き家を管理する目的について見ていきましょう。

目的①空き家を維持するため

空き家を管理する1つ目の目的は、空き家を維持するためです。
誰も住んでいない空き家は居住している不動産と比べると、急速に劣化していきます。
そのうえ、適切に管理をしていないとさらに老朽化し、場合によっては倒壊などのリスクも懸念されます。
空き家の老朽化を遅らせるためには、定期的な換気・通水・掃除・建物の状態確認などが必要です。
これらをしっかりおこなえば、何か問題があった場合でも早めに対処でき、空き家の維持につながるでしょう。
とくに、雨漏りや外壁の剥がれなど発見が遅れてしまうと、耐久性に大きく影響を与えたり、トラブルの原因となったりしてしまうため注意が必要です。
このように、空き家を維持するために管理は必要といえるでしょう。

目的②特定空家に指定されないため

空き家を管理する2つ目の目的は、特定空家に指定されないようにするためであることも挙げられます。
特定空家とは、近年全国的に問題となっている空き家の増加に伴う施策として、定められた法律の1つです。
適切に管理されず放置された空き家が増加しているため、倒壊などが懸念されているからです。
そのため、適切に管理されていない空き家は「特定空家」に指定され、自治体から改善へ向けた助言や指導などがおこなわれます。
行政の助言や指導により改善が見られない場合は勧告と進み、固定資産税の優遇措置が受けられなくなります。
また、勧告されても所有者が対処しない場合は、改善の命令が出され、この命令に背くと50万円以下の罰金が科されるため注意しなければなりません。
さらに命令でも改善されない場合は、行政代執行により建物の解体などがおこなわれます。
その際にかかる費用は、空き家の所有者に請求されます。
このように、特定空家に指定されると行政から改善を求められ、応じない場合はさまざまなペナルティが科されるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
相続後の不動産売却での注意点とは?名義・売却期限・媒介契約の選び方を解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家を自分で管理するために必要な道具

空き家を自分で管理するために必要な道具

空き家を自分で管理するためには、どのような道具が必要なのでしょうか。
ここでは、管理に必要な道具と適した服装について解説します。

空き家管理に必要な道具

空き家を管理する際にあると便利な道具を見ていきましょう。
掃除用具
誰も住んでいない空き家でも、ホコリは溜まっていくため、掃除用具の準備は欠かせません。
電気を解約している場合は、ほうきと塵取りを空き家に常備しておくと良いでしょう。
また、壁に付着した汚れは、カビの繁殖の原因となってしまいます。
カビは建物の老朽化を加速させるため、定期的に掃除をして清潔を保つようにしましょう。
ゴミ袋
空き家で集めたゴミを入れるゴミ袋も準備が必要です。
ゴミ袋は毎回持ち帰り、空き家に放置しないようにしましょう。
空き家に放置すると、放火犯などに狙われやすくなってしまうためです。
軍手
枯れ枝やゴミを集める際に必要なため、軍手も準備しておきましょう。
軍手をしていれば、手指を怪我する心配がありません。
スリッパ
空き家の床はホコリや砂が溜まりやすくなっています。
そのため、室内用のスリッパの準備も必要です。
スリッパを着用していれば、足裏の汚れを外に持ち運ぶ心配も、足裏の怪我防止にも役立つでしょう。
懐中電灯・脚立
電気を解約していて室内が暗い場合は、懐中電灯も持参しましょう。
懐中電灯があれば、床下や天井裏の状態を確認することもできます。
その際は、ネズミが住み付いていないかなども確認しておきましょう。
また、高いところを掃除する際には脚立があると便利でしょう。

空き家管理に適切な服装

空き家管理を自分でおこなう際は、汚れても良い服装を着用することをおすすめします。
また、動きやすい格好であれば作業がスムーズに進むでしょう。
夏の時期であれば、害虫や蜂も多いため長袖・長ズボンでの作業がおすすめです。
冬の時期であれば、寒さ対策をしっかりおこなった格好が良いでしょう。
空き家の管理は、なるべく作業しやすい日中におこない、日が暮れるまでには作業を終えることが望ましいといえます。

▼この記事も読まれています
相続時精算課税制度の概要とは?計算方法と注意点を解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家を自分で管理する方法

空き家を自分で管理する方法

空き家を長い間放置してしまうと、建物は急速に劣化していくだけでなく、犯罪の温床となる場合もあります。
そのため、空き家は定期的に管理していくことが大切です。
ここでは、空き家を自分で管理する方法を以下のように3つ解説します。

  • ポスト内は定期的に点検する
  • 換気をしっかりしておく
  • 通水を定期的におこなう

空き家の管理方法をご説明します。

ポスト内は定期的に点検する

誰も住んでいなくても、ポストにはチラシやダイレクトメールなどが投函されてしまいます。
ポスト内がチラシで溢れていると、誰も住んでいないことが分かり好ましくありません。
かといってポストの口をテープで塞ぐと、明らかに空き家であることをアピールしているようなものです。
そのため、空き家でもポストの口は塞がず、定期的にポスト内を点検しておくことをおすすめします。

換気をしっかりしておく

空き家でもっとも大切といえる管理は、換気です。
換気せずにいると、室内に湿気が溜まりカビが発生したり木材を腐食させてしまう可能性があります。
そのため、室内の空気を外に逃がすようにしっかりと換気をすることが大切です。
また、その際は部屋だけでなく、クローゼットや押し入れ、靴箱なども換気しておきましょう。

通水を定期的におこなう

空き家の管理では、通水も重要です。
長期間水道管を使用しないままでいると、カビが発生したり悪臭を招いたりする恐れがあります。
そのため、キッチン・洗面所・浴室・トイレなど通水可能な箇所はすべておこなうようにしましょう。

空き家の管理が難しい場合は売却を検討しよう

空き家は適切な管理をしなければ、劣化が進み倒壊の恐れも出てきます。
もし、空き家の管理が難しい場合や、面倒といった場合は、空き家を売却するのも1つの方法です。
空き家を売却すれば、空き家の管理が不要になるため、特定空家に指定されるリスクも生じません。
空き家の売却をお考えの場合は、まずは不動産会社にご相談ください。

▼この記事も読まれています
相続時に請求できる寄与分とは?認められる要件と特別寄与料も解説

まとめ

空き家の管理は所有者に課される責任であり、放置していると資産価値が低下するだけでなく特定空家に指定される恐れもあります。
空き家の管理では、換気や通水を主におこない、また掃除も定期的におこなう必要があります。
もし、空き家の管理が難しい・面倒といった場合は、空き家の売却を検討してみると良いでしょう。
一宮市の不動産売却・買取のご相談は地域密着の一宮市不動産売却センターにお任せください。
相続不動産や空き家・空地などを売りたい、というお悩みや心配ごとは弊社が無料で相談を承ります。
ご遠慮なくお問い合わせください。




一宮市の不動産売却なら株式会社カナエル不動産にお任せください!


お気軽にご相談ください!!



この記事の執筆者

このブログの担当者 
渡邉 幸平

◇一宮市・名古屋市内全域を中心に、
不動産仲介及び買取り事業を行っております。
◇一宮市出身の私は、元銀行系不動産売買仲介会社等に従事した経験があり、実績豊富です。
いつでもお気軽にご相談ください!